販売店舗

環境対応 常温亜鉛めっき ローバルエコタイプ

製品情報

常温亜鉛めっき ローバル

常温亜鉛めっき ローバル

主な特長 さび止め効果

主な特長 さび止め効果

※低VOC塗料とは、溶剤系塗料で塗料中のVOC含有量が30重量%以下の塗料に適用されます。
<(一社)日本塗料工業会基準>ただし、ローバルシリーズのスプレー製品は該当しません。

常温亜鉛めっき ローバル

シリーズ中最強防錆性能を誇るローバルの効果そのままに。
3種規制非該当の環境・安全配慮モデル。

ローバルエコタイプは3種の環境規制非該当に適合した環境対応型の常温亜鉛めっきです。乾燥時間も従来の環境対応製品から短縮され、工場内塗装や屋内塗装を始め塗装環境の管理が必要とされる様々な場所での管理負担軽減が期待でき、環境への配慮が必要な場所でも安心してご使用になれます。

3種の環境規制をクリアで作業環境の改善を実現

工場内や屋内など、環境規制が抵触するような場所でも、安心してご使用になれます。

  • ■ 有機溶剤中毒予防規則

    通常、「有機則」と呼ばれる最もポピュラーな規制の一つです。通称「シンナー」と呼ばれている有機溶剤には呼吸はもちろん、皮膚を通じても体に吸収される特性があり、大量に吸収されると死亡事故にもつながる危険な物質です。特に屋内作業場やそれに準ずる閉所で作業する労働者を守るために「労働安全衛生法」を根拠に事業者への義務が厳格に決められています。規制対象の主な有機溶剤としては「トルエン」、「キシレン」、「ミネラルスピリット」などが挙げられます。

  • ■ 特定化学物質障害予防規則

    通常、「特化則」と呼ばれるこの規制ですが、さび止め塗料を使う事業所においては使用する塗料に「エチルベンゼン」が含有される場合に規制の対象となります。エチルベンゼンには発がん性が認められており、作業者の長期的な健康へ被害を与える可能性が高いため、特化則に準じた特別健康診断や作業環境測定を半年以内に1度行い、その記録を30年にわたって保管することが事業者に義務付けられています。

  • ■ PRTR法

    この法律は事業者が年間どれくらいの指定物質を大気中に放出しているのかをまとめ、国に提出する義務を定めたものです。先程までの作業者を守る2種規制と違い、PRTR法ではより広範囲でその事業で使われる化学物質が地球や周辺住民にどのような影響を与えているのかを調査、参照するための決まりです。製造業などにおいて、製造過程でさび止め塗料を使用する事業者が対象になります。規制対象の主な有機溶剤は「トルエン」、「キシレン」です。

ローバルエコタイプのさび止め性能は、ローバルと同等

ご購入はお近くの販売店またはオンラインで。

  • ローバルシルバーの環境対応版
  • Mg、Al、Zn入りめっき鋼板なら
  • エコタイプを希釈するなら

環境対応 常温亜鉛めっき ローバルエコタイプ

製品情報

Copyright © 2016 ROVAL Corporation. All rights reserved.

PageTop