販売店舗

企業情報

企業情報

100年続く会社にすること

私たちは、1955年以来60年以上の長きに亘り「サビ止め塗料と言えばローバル」と言われる、常温亜鉛めっき「ローバル」を作り続けてきました。

これまでに多くのお客様に支持され、様々な場面で弊社製品が使われてきました。そして、これからも社会にとって無くてはならない役割と責任を自覚しています。

私たちの事業コンセプトは常に新しいモノ作り・価値づくりに「チャレンジ」し、時代の流れに沿ってより良く「変化」していく事です。私たちはこれからも良いものはより良く、まだ世の中にないものは新しく創り続けていきます。

このような取り組みを通じて、永続的に社会に貢献できる会社(100年企業)を実現させていきます。

社会的課題を解決していく
会社であること

私たちは、いち特殊塗料メーカーという在り方だけでなく、環境や健康、高齢化と言った社会的課題を解決する役割や責任があると感じています。そのために

* インフラ、公共施設、公共交通機関などの社会的課題
* 住環境に関わる社会的課題
* 施工時における作業者や近隣住民の健康に関わる課題

などに取り組み、人に優しい、社会に優しい、地球に優しい企業に成長していきます。

「場づくり」を通して、
みんなで幸せになれる
会社にすること

「場」が整い、会社の雰囲気がよくなれば、業績はあとからついてくる…。

「100年企業」に向かって事業を継続し、社会やお客様に貢献するためには、
社員はもちろんのこと、家族、地域、ご縁があった人、関わる人たちみんなの幸せが欠かせないと考えています。

そこで弊社では「場づくり」を意識した様々な取り組みを行っています。

具体的な取り組み

* デスクやフロアの整理整頓
* 仕事がしやすい環境・導線・レイアウトの整備
* 分煙化の推進 など

具体的な取り組み

* あいさつの徹底
* 全員で電話に出る姿勢
* ワンアイデア・ワンコイン制度
* プライベートの充実サポート(リフレッシュ有給制度の推進)
* チャレンジによる失敗を称える社風づくり

研究開発

当社では、常に苛酷な環境下での長期にわたる暴露試験をつづけ、製品の防食性や防錆力をチェックするとともに、より高機能な製品開発に向けて研究を進めています。

次世代ローバルのコンセプトは、環境に負荷をかけないエコロジカルな製品です。

私たちは究極的な溶剤は「水」であるという観点から研究を重ね、水に反応する亜鉛の特性をあらゆる角度から考察。コストよりも品質を最優先するというポリシーのもと、社会に貢献し、人類のテーマともいえる地球環境に配慮した製品を生み出すことを目標に、研究開発チーム一丸となって努力をつづけています。
そして2012年、長年にわたる研究を経てついに、水性常温亜鉛めっき「水性ローバル」の開発に成功しました。
これからも鋼構造物の長寿命化と環境負荷低減をテーマに研究開発に取り組んでまいります。

品質・環境・安全への取組み(ISO9001、14001 他)

弊社交野工場では以下のように、品質および環境マネジメントシステムを取得し運用しています。そして2008年より、さらなるシステムの効率的な運用と顧客満足の向上および環境活動とのバランスの取れた企業活動を目指し、ISO9001・14001両規格を統合化し運営を開始いたしました。その結果、JQA独自の運用基準をクリアし、2009年、IMS運用証明書の発行を受けました。

1999年11月 ISO9001:1994年版 認証取得
2017年12月 ISO9001:2015年版へ改訂
2006年12月 ISO14001:2004年版 認証取得
2017年12月 ISO14001:2015年版へ改訂
2009年11月 JQA統合マネジメントシステム運用証明書 発行
2016年12月 JQAマネジメントシステム統合プログラム
統合ステージ証明書 プレミアム・ステージ 発行
2010年6月 危険物安全協会より表彰

品質・環境統合方針

環境保護は現在及び未来の人々に対する私達の責務です。
品質はお客様と私たちを繋ぐ信頼の絆です。
私達は環境に配慮した事業活動を行い、お客様の満足と信頼を得るため次のことを実行します。 

1. より安全で環境に配慮した塗料製造を行い、
社会に貢献していきます。
2. 法規制及び社会的要求事項を遵守します。
3. お客様との約束を遵守します。
4. より安全で環境負荷の少ない製品を追求し続けます。
5. 鉄資源のリサイクル・長寿命化を推進し、
省資源化に貢献していきます。
6. 統合マネジメントシステムを有効的に運用し、
製品及び活動の改善を行い、継続的な顧客満足の向上と
環境改善に貢献します。
企業理念

Copyright © 2016 ROVAL Corporation. All rights reserved.

PageTop