販売店舗

ローバルを使う

index 事例一覧

case05 立体駐車場

index 事例一覧

case05 立体駐車場 立体駐車場の改修塗装2002年10月実施

作業工程が少なく、速乾性のあるローバルなら、すぐに引き渡しが可能。

立体駐車場に使用されている亜鉛めっき部材には、めっき厚の薄いものが多く、数年程度でさびが発生してしまうことがあります。
さびを落とした後、全体にローバルを塗装することで、再めっきするのと同じ効果があり、
長期間メンテナンスフリーで立体駐車場をさびから守ります。
また作業工程が少なく速乾性があるので1日で引渡しが可能なため、工事の負担も住民の不便さも軽減できます。

塗装箇所

立体駐車場 立体駐車場

使用製品

ローバル ローバル

ポイント

短工期で塗装できるので、
コストとお住まいの方の負担を軽減できます。

集合住宅などの立体駐車場改修におけるローバルのメリット

スケジュールが組み立てやすい

天候などによる工事のスケジュール変更にも柔軟に対応可能。

お住まいの方の負担とコストの軽減

住民の方への負担はもちろん、工事期間中の人件費や足場代、代わりの駐車場代などのコストも軽減されます。

資産価値を守る

長期間に渡り建物の美観を保ち、物件として重要な資産価値を守ります。

立体駐車場 改修塗装手順

  • 1 1

    塗装前の様子
    亜鉛めっきされているが所々にさびが発生。

  • 2 1

    ケレン作業
    赤さびは動力工具を用いて除去。白さびは研磨用たわしでこするだけでOK!

  • 3 1

    ケレン完了
    オイル付着部は溶剤拭きし、砂や土汚れには高圧水洗洗浄を推奨。

  • 4 1

    ローバル塗装
    塗り延ばさず、置くようにたっぷりと塗る。

  • 5 1

    塗装完了
    24時間完全乾燥後、入庫可能。

  • 6 1

    10年経ってもさびは全体に広がっていません。
    変色やタイヤ痕はあるが、ほとんどさびは発生していない。

作業日数の比較

ビル・マンションの立体駐車場 施工実績

  • 住環境に最適な水性タイプ
  • より短工期で仕上げるなら

index 事例一覧

  • case01 切断面・溶接面の補修
  • case02 一般塗料からの塗り替え
  • case03 大鳴門橋補修工事
  • case04 阪神高速リフレッシュ工事
  • case05 立体駐車場

index 事例一覧

  • case01 切断面・溶接面の補修
  • case02 一般塗料からの塗り替え
  • case03 大鳴門橋補修工事
  • case04 阪神高速リフレッシュ工事
  • case05 立体駐車場

ローバルを使う

ローバルを使う

Copyright © 2016 ROVAL Corporation. All rights reserved.

PageTop