販売店舗

ローバルを使う

ローバルを使う

「さび」の発生を防ぎたい、
めっきの補修をしたい。
ローバルはあらゆる場所で採用されています。

各使用箇所をクリックすると事例写真がご覧いただけます。

1液タイプの“常温亜鉛めっき”だから
さまざまなシーンで活躍します

  • 駅ビル渡り廊下
  • 機械式立体駐車設備

scene1 古くなった亜鉛めっきのリフレッシュ

亜鉛めっきされた構造物が年月を経てさびが発生しそうになっているとき、ローバルを塗ることによって亜鉛めっきの寿命をさらに延ばすことができます。
  • 駅ビル渡り廊下
  • 機械式立体駐車設備
ケーススタディを見る
  • 切断面
  • 溶接部

scene2 亜鉛めっきの補修

亜鉛めっき鋼材の切断面や溶接部、あるいはめっき層がはがれた所や不めっき箇所など、亜鉛めっきの補修に最適です。
  • 切断面
  • 溶接部
ケーススタディを見る
  • 国際・文化施設
  • 熱歪みのでる薄物

scene3 亜鉛めっきの代替

めっき槽に入らない大物や、めっきすると歪みがでる薄物あるいは納期が間に合わない時など溶融亜鉛めっきの代替としてご使用ください。
  • 国際・文化施設
  • 熱歪みのでる薄物
ケーススタディを見る
  • 鉄製門扉
  • 接合部

scene4 鉄のさび止め

鉄に直接塗ることで、溶融亜鉛めっきと同等の強力なさび止め効果を発揮し、鉄をさびから守ります。
  • 鉄製門扉
  • 接合部
ケーススタディを見る

ローバルを使う

ローバルを使う

Copyright © 2016 ROVAL Corporation. All rights reserved.

PageTop